入湯税

更新日:2021年05月10日

 入湯税とは鉱泉浴場の入湯行為に対してかかる税金で、環境衛生施設その他の観光施設や消防施設、消防活動に必要な施設の整備のために設けられた目的税です。

納める人は…

 鉱泉浴場に入湯される方です。

 鉱泉浴場の経営者が特別徴収義務者となり入湯客より徴収します。

入湯税の税率
日帰りの入湯客1人1日につき 宿泊した入湯客1人1日につき
100円 150円

課税免除(入湯税がかからない方)

  • 年齢12歳未満の者
  • 共同浴場又は一般公衆浴場に入湯する者
  • 災害被災者及び被害復興支援活動等に参加した者で、村長が認めた者

入湯税の徴収について

 入湯税の徴収方法は、特別徴収の方法によります。入湯税の特別徴収義務者は、鉱泉浴場の経営者です。

 特別徴収義務者は、入湯客が納付すべき入湯税を徴収し、毎月15日までに納入申告書を村長に提出し、その納入金を納入しなければなりません。

 なお、一定期間の休止、経営状態の変更がある場合には、村へ申告書の提出が必要となります。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:税務課

電話番号:0248-25-1113
ファックス番号:0248-25-4517

お問い合わせはこちら:相談窓口