乳幼児・児童医療費助成制度

更新日:2021年08月20日

子どもが病気になったら

平成24年4月1日から、子育て支援として、従来の乳幼児医療費助成制度に加え、新たに18歳に達する日以後の最初の3月31日までに対象年齢を拡大し、病院・薬局などの医療費自己負担分を助成しています。

助成を受けるためには登録申請が必要となります

助成対象者となる乳幼児・児童等(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者で、西郷村に住所を有する者)の保護者(父母のうち主として乳幼児・児童等の生計を維持している者、または養育者)は、助成を受けるために登録が必要ですので、下記のものを持参し、福祉課子ども給付係で登録申請の手続きを行ってください。

注釈1:国民健康保険に加入されている方は、国民健康保険証が乳幼児・児童医療費助成の資格証の役割を兼ねますので、申請は不要です。
なお、国民健康保険に加入中の方は、住民生活課国保年金係にご相談ください。(電話番号:0248-25-1449)

注釈2:生活保護の適用を受けている方は除かれます。

資格申請にあたって持参するもの

  • 登録申請書(福祉課窓口で配布、もしくは下記からダウンロードが可能です)
  • 健康保険証(被保険者・お子さんの名前が記載されているもの)
  • 預金通帳

医療費申請にあたって持参するもの

子ども医療費助成申請書(福祉課窓口で配布、もしくは下記からダウンロードが可能です)

 

・領収書(保険適用分、もしくは食事代の標準負担額が確認できるもの)

・乳幼児・児童等医療費受給者証

・印鑑(シャチハタ以外)

・その他(高額療養費等該当の方は別途書類が必要となる場合があります)

注釈:白河市及び西白河郡内は、原則として保険適用分の窓口払いはありません。ただし、保険適用分の金額で21,000円を超えた場合や、西白河郡外での診療は負担金をお支払いし、その領収書を持って、福祉課子ども給付係で手続き後、登録口座に償還払いとなります。

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:福祉課

電話番号:(地域福祉・子ども施設・子ども給付)0248-25-1509
ファックス番号:0248-25-4517

お問い合わせはこちら:相談窓口