ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
背景色変更
文字サイズ
標準
拡大

死亡届

概要 人が死亡したときの届出
内容 人が死亡したときに届け出をし、戸籍・住民票に死亡したことが記載されます。
提出(手続)方法 死亡の事実を知った日を含めて7日以内に「死亡届」の用紙を記入して受付窓口へ提出してください。届出書の「死亡診断書」欄に医師の署名又は記名押印が必要です。
【届出人】親族、同居人、家主、地主、家屋管理人、土地管理人、後見人等
【届出場所】死亡した人の本籍地、届出人の住所地(所在地)、死亡地のいずれかの市区町村役場
添付書類
  • 届出人の印鑑
手数料・利用料金等 不要(村民の方が死亡した場合、火葬場使用料は無料になります。)
受付窓口 住民生活課窓口
※行政サービスセンターでは届出できません。
受付期間 随時
受付時間 窓口での受付は、午前8時30分~午後5時15分
時間外は宿直室で預かりになります。
根拠となる法令 戸籍法
備考

届出用紙は,右側が死亡診断書になっていますので,病院等でもらってください。

死亡届と同時に「埋・火葬許可証交付申請書」も届出してください。

死亡届に伴う手続一覧

担当課:住民生活課
電話番号:(住民生活)0248-25-1114 (国保年金)0248-25-1449
ファックス番号:0248-25-4517
お問い合わせはこちら:相談窓口

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

サイトのご利用案内ここまでです。