ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
背景色変更
文字サイズ
標準
拡大

受益者負担金(分担金)について

受益者負担金(分担金)について

下水道をつくるための費用の財源には国や県の補助金、地方債という借入金、さらには村民のみなさんからの税金と受益者負担金(分担金)などがあります。

そのうち受益者負担金(分担金)の制度は、条例で定められたものです。下水道は、道路や公園など、だれでも利用できる施設と違い、整備されたことによってその周辺の環境衛生が向上し、そこに住む人だけが以前より快適な生活が送られるようになります。

このように、限られた範囲内の方だけがその利益を受け、受けない地域と比較して公平ではなくなってしまいます。そこで、この利益を受ける方に事業費の一部を負担していただき、より一層の整備促進をしようとするための制度です。

受益者負担金(分担金)の賦課は、事業の進み具合に応じて順次賦課していくことになっています。

受益者とは

負担金(分担金)の納入者(下水道整備区域内の住宅、事業所等の所有者)です。ただし、質権、使用貸借または賃貸借による権利を長期間にわたって定めている場合は、それぞれの権利者です。

受益者の申告を

受益者の正確を期するため、申告制を採っています。賦課対象区域内(下水道を使用できる区域内)の住宅等の所有者に「下水道事業受益者申告書」を送付しますので、記載例によって必要事項を記入の上、捺印し提出してください。

受益者に変更があったら、変更届けを

住宅等の売買、相続または賃貸などにより受益者に変更があった場合は、「受益者変更届」を提出してください。それ以降に納期がくる負担金(分担金)は、新しい受益者に納めていただくことになります。

受益者負担金(分担金)の額は

建築用途基準単位負担金(分担金)の額
住宅(一般住宅) 1戸当り 130,000円
住宅以外
(アパート事業所等)
建築物の用途別によるし尿浄化槽の処理対象人員算定基準表
(昭和44年建設省告示第3184号、JISA3302-1988)により算定した人員
10人槽まで 130,000円
11~20人槽 195,000円
21~50人槽 455,000円
51~100人槽 975,000円
101~200人槽 1,950,000円
201人槽以上 2,160,000円

負担金(分担金)の納付方法は

負担金(分担金)の納付には、分割納付と一括納付があります。村から納入通知書を送付しますので、村指定の取扱金融機関へ納めてください。

分割納付

3年に分割し、さらに1年を4回の納期に分けて12回納めていただきます。

  • 第1期...6月1日~6月30日
  • 第2期...8月1日~8月31日
  • 第3期...12月1日~12月25日
  • 第4期...翌年の2月1日~2月末日まで

〈例〉一般住宅の負担金(分担金)130,000円の納入方法(平成20年4月現在)

期別年度第1期第2期第3期第4期
初年度 11,200円 10,800円 10,800円 10,800円
2~3年度 10,800円 10,800円 10,800円 10,800円

一般住宅以外の分割納付の場合、1回に納める金額は、合計金額を12で割って求めます。(100円未満の端数は、初年度の最初の納期に合算します。)

一括納付

受益者が指定された期日までに負担金(分担金)の全額を一括納付したときは、負担金(分担金)の額に10%を乗じて得た額が報奨金として交付されます。

〈例〉一般住宅の負担金(分担金)を一括納入した場合

  • 報奨金130,000円×10%=13,000円
  • 納付額130,000円-13,000円=117,000円(実際には納付する際に、納付金額から報奨金を差し引いた額を納めていただくことになります。)

一般住宅以外の一括納付の場合も、期日までに納付すれば、一般住宅と同じように報奨金を交付します

担当課:上下水道課
電話番号:(上水道)0248-25-2962 (下水道)0248-25-2912
ファックス番号:0248-25-2688
お問い合わせはこちら:相談窓口

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

サイトのご利用案内ここまでです。