ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
背景色変更
文字サイズ
標準
拡大

違反ごみ及び旧資源ごみ袋の取り扱いについて

違反ごみへの対応について(混合ごみ等)

違反ごみについては、指導ステッカーを貼付し、出された方にもう一度、分別しなおして出して頂くことが基本となります。

旧資源ごみ袋が残った場合(平成29年4月から)

平成29年4月以降も旧資源ごみ袋(かん・金属類、びん類、ペットボトル、プラスチック類)が余った場合は、分別されていれば袋の種類は問わずに、『資源ごみ』の袋として使用することが出来ます。

(例)びん類の旧資源ごみ袋が残っている場合

       ※『資源源ごみ』の袋  

 ○びん類のみを入れる

 ○かん類・金属類のみを入れる

 ○ペットボトルのみを入れる

 ○プラスチック容器包装のみを入れる

 ○紙製容器包装のみを入れる

 ○衣類等のみを入れる

 ×びん類や他の資源ごみを一緒に入れる(混合ごみ)

 ×燃えるごみ、燃えないごみを入れる

「燃えるごみ・燃えないごみの統一ごみ袋」について

 令和元年10月1日より「燃えるごみ」と「燃えないごみ」の袋が統一されました。

 収集日に変更はありませんが、「燃えるごみ」は「燃えるごみの収集日」に、「燃えないごみ」は「燃えないごみの収集日」に出してください。

 なお、以前使用していた「燃えるごみ」と「燃えないごみ」の袋は、引き続き使用でき、分別されていれば「燃えるごみの袋」及び「燃えないごみの袋」の種類は問いません。

 詳しくは、下記をご覧ください。

 「燃えるごみ・燃えないごみ統一ごみ袋」.pdf

    

担当課:環境保全課(環境衛生係)
電話番号:0248-25-2197
ファックス番号:0248-33-5012
お問い合わせはこちら:相談窓口

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

サイトのご利用案内ここまでです。