ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
背景色変更
文字サイズ
標準
拡大

犬の飼い主の皆さまへ

犬の登録と狂犬病予防注射を受けましょう

生後91日以上の犬には、生涯1回の「登録」と毎年1回の「狂犬病予防注射」が義務付けられています。

登録

犬新しく犬(生後91日以上)を飼われた場合には、西郷村住民生活課への登録が必要になります。登録すると鑑札(小判型の金属プレート)が交付されます。鑑札は、犬の迷子札としての役目も果たしますので、必ず犬の首輪に付けてください。また、鑑札が紛失・破損等で使用できない状態になった場合には再交付の申請をしてください。

手数料
新規登録 3,000円
鑑札の再交付 1,600円

狂犬病予防注射

狂犬病予防注射は、年1回4月から6月に集合注射会場もしくは動物病院で接種してください。7月以降に生後91日に達したときは、その時点で速やかに接種してください。接種時に交付された狂犬病予防注射済票(下記の金属プレート)については、鑑札と同様必ず犬の首輪に付けてください。狂犬病予防注射済票の色は、平成26年度は赤色、平成27年度は青色、平成28年度は黄色、平成29年度は赤色と、その後は3色を順次繰り返しています。

手数料
畜犬注射済票交付 550円
済票の再交付 340円

予防注射がむずかしい犬について

高齢・治療中・妊娠中などの理由により狂犬病予防注射を接種できない犬に関しては、動物病院で狂犬病予防注射猶予証明書の交付を受け、西郷村住民生活課に提出してください。

変更届

村外に犬の所在地が変わった場合は、新しい住所地の市町村役場への届出が必要です。

また、村内で犬の所在地又は所有者が変わった場合は西郷村住民生活課への届出が必要です。

死亡届

飼い犬が死亡した場合には、西郷村住民生活課への届け出が必要です。

集合方式による犬の登録及び狂犬病予防注射

平成27年度集合方式による犬の登録と狂犬病予防注射は終了しました。狂犬病予防注射未接種の飼い主は、動物病院にて接種してください。

犬の放し飼いはやめましょう

放し飼いは、他人に迷惑をかけ、危害を与えるおそれがありますので福島県条例で禁止されています。散歩のときは必ずリードをつけて歩きましょう。公園でも犬を放すことは禁止です。

環境美化に努めましょう

愛犬の糞の始末は、飼い主の義務です。犬小屋のまわりを清潔にし、散歩中の糞は必ず持ち帰りましょう。

愛犬の「しつけ」をしましょう

犬の本能や生理、習性をよく理解して飼いましょう。犬は適切なしつけをすることで、飼い主に従順になり、むやみに吠えたり、攻撃性がなくなります。県南保健所で犬の飼い方講習会を実施しています。詳しくは県南保険事務所(電話0248-22-5487)へお問い合わせください。

不妊・去勢処置を行いましょう。

飼う人がいないという理由で、殺処分される動物の問題を解決するためにも、飼い犬に不妊・去勢手術を受けさせてください。なお、手術後は一般に性格が穏やかになり、泌尿器や生殖器の病気の発生率が減るなど、犬にもメリットがあります。

関連リンク

担当課:住民生活課
電話番号:(住民手続)0248-25-1114 (地域安全・生活環境)0248-25-2197
ファックス番号:0248-25-4517
お問い合わせはこちら:相談窓口

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

サイトのご利用案内ここまでです。