ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
背景色変更
文字サイズ
標準
拡大

避難情報の名称変更のお知らせ

 平成28年台風第10号による水害において、死者・行方不明者27人が発生する等、東北・北海道の各地で甚大な被害が発生しました。とりわけ、岩手県岩泉町では、グループホームが被災し、入所者9名が亡くなる等、高齢者の被災が相次ぎました。この水害では、高齢者施設において避難準備情報の意味するところが伝わっておらず、適切な避難行動がとれなかったことを重く受けとめ、高齢者等が避難を開始する段階であることを明確にするために、避難情報の名称を下記のとおり変更することになりました。

避難情報の新たな名称

(変更前)       (変更後)

「避難準備情報」 →  「避難準備・高齢者等避難開始」

「避難勧告」   →  「避難勧告」

「避難指示」   →  「避難指示(緊急)」

各避難情報発令時にとるべき行動

「避難準備・高齢者等避難開始」

いつでも避難ができるよう準備をしてください。身の危険を感じる人は、避難所へ避難を開始してください。

避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児をお連れの方等)は、避難所へ避難を開始してください。

「避難勧告」

避難所へ避難をしてください。

外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、「命を守る最低限の行動」をとってください。

「避難指示(緊急)」

まだ避難していない場合は、直ちにその場から避難をしてください。

外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、「命を守る最低限の行動」をとってください。

「命を守る最低限の行動」とは

水害の場合は、屋内の2階以上へ退避してください。

土砂災害の場合は、比較的高い鉄筋コンクリート造などの堅牢な建物の2階以上の、斜面とは反対に位置する部屋へ避難してください。

上記避難情報の情報伝達方法

 上記の避難情報を発令する際の情報伝達手段としては、防災行政無線・緊急速報メール(エリアメール)・村ホームページ・メールマガジン等で情報の伝達を行います。また、これらの情報が発令されていなくても、身の危険を感じる場合は避難を開始してください。

関連リンク

 今回の避難情報の名称変更に関する詳細については、下記リンク先をご覧ください。

 「避難準備情報の名称変更」について(内閣府防災情報のページ)

 

担当課:防災課
電話番号:0248-21-5190
ファックス番号:0248-25-2689
お問い合わせはこちら:相談窓口

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

サイトのご利用案内ここまでです。