ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
背景色変更
文字サイズ
標準
拡大

児童扶養手当

児童扶養手当とは?

 

 父又は母と生計を同じくしていない児童が育てられているひとり親家庭等の生活の安定と自立を助けるために支給される手当です。

 

受給資格

 下記のいずれかに該当する児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある(心身に一定の障害があるときは20歳未満)者)を監護している母、監護しかつ生計を同じくする父、又は父母に代わってその児童を養育している方に支給されます。

 ただし、厚生年金などの公的年金の受給者や、所得が定められた限度額以上の方などは支給されません。

  1. 父又は母が婚姻を解消した児童
  2. 父又は母が死亡した児童
  3. 父又は母が一定の障害の状態にある児童
  4. 父又は母が引き続き1年以上遺棄している児童
  5. 父又は母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  6. 1年以上父又は母の生死が明らかでない児童
  7. 母が婚姻によらないで生まれた児童
  8. 孤児などで父母がいるか否か不明の児童

次のような場合は手当は支給されません

  • 手当を受けようとする人、対象となる児童が日本に住所を有しない場合
  • 対象となる児童が父又は母の死亡について支給される公的年金を受けることができる場合
  • 対象となる児童が父又は母の死亡について労働基準法の規定による遺族補償を受けることができる場合
  • 対象となる児童が父又は母に支給される公的年金給付の加算の対象となっている場合
  • 対象となる児童が里親に委託されている場合
  • 対象となる児童が児童福祉施設(保育所・通園施設を除く)などに入所している場合
  • 対象となる児童が父又は母の配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者も含む)に養育されている場合
  • 父母又は父母にかわってその児童を養育している人が、公的年金を受けることができる場合や、児童の父又は母の死亡に伴い支給される遺族補償を受けることができる場合
支給額
平成25年10月から
区分全部支給される者一部支給される者
児童1人のとき 月額41,140円 所得に応じて月額9,710円から 41,130円まで10円きざみの額
児童2人のとき 児童が1人のときの額に5,000円を加算
児童3人以上のとき 3人目から児童1人増すごとに3,000円を加算
支給日

年3回、4カ月分の手当が指定の金融機関の口座に振り込まれます。

手続き

福祉課までお問い合わせください

担当課:福祉課
電話番号:(地域福祉・児童福祉)0248-25-1509 (国保)0248-25-1449
ファックス番号:0248-25-4517
お問い合わせはこちら:相談窓口

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

サイトのご利用案内ここまでです。