ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
背景色変更
文字サイズ
標準
拡大

割引等の優遇措置

JR運賃の割引

身体障がい者および知的障がい者が単独または介護者と共にJRを利用するときは、第1種・第2種の区分により運賃が割り引かれます。

対象種別内容割引備考

                 身体障がい者

知的障がい者

      第1種 第1種障がい者が介護者と利用する場合、距離制限なく、急行ともに 本人と介護人1人5割引 第1種障がい者が単独で乗車する場合は2種扱いとなる
第2種 第2種障がい者が片道100Kmをこえる区間を利用する場合 本人のみ5割引
注意点 必ず窓口で手帳を呈示して乗車券を購入して下さい。
問合せ先 各JR駅窓口

バス運賃の割引

身体障がい者および知的障がい者もしくは精神障がい者が単独または介護者と共に民間バスを利用するときは、第1種・第2種の区分により運賃が割り引かれます。

対象者内容備考
身体障害者手帳 本人5割引、第1種障害者は本人と介護人 乗車時に手帳を呈示する。
療育手帳所有者 本人5割引、第1種障害者は本人と介護人 乗車時に手帳を呈示する。
精神障がい者保健福祉手帳(写真の貼付が必要) 本人5割引 乗車時に手帳を呈示する。
問合せ先 福祉課地域福祉係/TEL0248-25-1509

国内航空運賃の割引

手帳所持者が国内の飛行機を利用するときは、それぞれ割引の対象となります。

対象者適用範囲割引運賃額

適用航空

会社・区間

航空券の

購入手続き

障害者手帳                   所有者

各航空運送事業者が設定するので、対象者が異なります。 各航空運送事業者が設定するので、航空運送事業者または路線によって異なります。 国内線会社(ほぼすべて)の区間 手帳を航空券販売窓口に提示して購入する。
問合せ先 各航空会社窓口へお問い合わせください。

有料道路通行料の割引

身体障がい者が自ら運転する場合や、重度の身体障がい者、重度の知的障がい者の移動のため介護者が運転する場合、有料道路の通行料金が割り引かれます。事前に申請が必要です。

適用範囲障がい者自ら自動車を運転する場合介護者が自動車を運転する場合
利用できる者 すべての身体障がい者手帳所持者 第1種身体障がい者手帳所持者 第1種療育手帳A所持者
自動車の範囲 障がい者本人又は生計を一にする者が所有する乗用自動車等(営業用を除く) 障がい者本人及び生計を一にする者又は介護者が所有する乗用自動車等(営業用を除く)
割引率 通行料金の50%以内
申請場所 福祉課地域福祉係/TEL0248-25-1509
必要書類 ETCを利用しない場合 ①有料道路障がい者割引申請書
②身体障がい者手帳又は療育手帳
③登録を希望する自動車の自動車検査証(車検証)
④運転免許証
ETCを利用する場合 ①有料道路障がい者割引申請書兼ETC利用申請書
②身体障がい者手帳又は療育手帳
③登録を希望する自動車の自動車検査証(車検証)
④運転免許証
⑤ETCカード(※原則として障害者本人名義のものに限ります。)
⑥登録を希望する自動車に取り付けられた車載器の「ETC車載器セットアップ申込書・証明書」
利用にあたっての留意点 ①障がい者の方お一人につき、1台のみ登録ができます。 ②車種要件等により、登録できない自動車があります。(法人所有車両、レンタカー、軽トラック等) ③料金所では、料金所係員が手帳への必要事項の記載の有無・記載内容の確認をします。記載事項が要件を満たしていない場合や記載事項を確認させていただけなかった場合は、割引をすることができません。

NHK放送および衛星放送受信料の減免

身体障がい者・重度の知的障がい者がいる世帯、生活保護を受けている世帯または社会福祉施設に対してテレビ受信料(白黒・カラー)を減免します。

対象 適用条件
全額免除 公的扶助受給者

●生活保護法に定める扶助を受けている場合

●らい病予防法の廃止に関する法律に定める援護を受けている場合

●中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律に規定する支援給付を受けている場合

身体障がい者 身体障がい者手帳をお持ちの方がいる世帯で、かつ、世帯構成員全員が市町村民税(特別区民税含む)非課税の場合
知的障がい者 所得税法または地方税法に規定する障がい者のうち、児童相談所、知的障がい者更生相談所、精神保健福祉センターまたは精神保健指定医により知的障がい者と判定された方がいる世帯で、かつ、世帯構成員全員が市町村民税(特別区民税含む)非課税の場合
精神障がい者 精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方がいる世帯で、かつ、世帯構成員全員が市町村民税(特別区民税含む)非課税の場合
社会福祉事業施設入所者 社会福祉法に定める社会福祉事業を行う施設に入所されている場合
半額免除(右に該当する世帯主が受信契約者の場合) 視覚・聴覚障がい者 視覚障がいまたは聴覚障がいにより、身体障がい者手帳をお持ちの方が、世帯主である場合
重度の身体障がい者 身体障がい者手帳をお持ちで、障がい等級が重度(1級または2級)の方が、世帯主である場合
重度の知的障がい者 所得税法または地方税法に規定する特別障がい者のうち、児童相談所、知的障がい者更生相談所、精神保健福祉センターまたは精神保健指定医により重度の知的障がい者と判定された方が、世帯主である場合
重度の精神障がい者 精神障がい者保健福祉手帳をお持ちで、障がい等級が重度(1級)の方が、世帯主である場合
重度の戦傷病者 戦傷病者手帳をお持ちで、障がい程度が特別項症から第1款症の方が、世帯主である場合
手続

放送受信料免除申請書に所要事項を記入し、村長の証明を得て、NHK郡山局に送付します。

※放送受信料免除申請書は、福祉課地域福祉係にあります。

NHK郡山局/〒963-8876郡山市麗山1-5-21/024-932-5502

担当課:福祉課
電話番号:(地域福祉・児童福祉)0248-25-1509 (国保)0248-25-1449
ファックス番号:0248-25-4517
お問い合わせはこちら:相談窓口

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

サイトのご利用案内ここまでです。