ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
背景色変更
文字サイズ
標準
拡大

特別児童扶養手当

障害のある子供のために

精神または身体に中程度以上の障害のある満20歳未満の児童を監護又は養育していて、所得が定められた限度以下の方に支給されます。

受給資格

重度障害児(1級)養育者、中度障害児(2級)養育者

支給額

  • 重度障害児(1級)該当児童1人につき月額50,750円
  • 中度障害児(2級)該当児童1人につき月額33,800円

支給日

年3回、4カ月分の手当が指定の金融機関の口座に振り込まれます。

手続き

福祉課の窓口で次の書類を添えて請求の手続きをしてください。

  1. 特別児童扶養手当認定請求書(届出の用紙は役場に用意してあります)
  2. 請求者と対象児童の戸籍謄本又は抄本(外国人の方は登録済証明書)
  3. 請求者と対象児童が属する世帯全員の住民票の写し
  4. 所定の診断書(療育手帳が「A」判定の場合または身体障害者手帳が「1・2・3級」判定の場合はその写しにより診断書を省略できる場合があります)
  5. 通帳の写し
  6. その他必要な書類

次のような場合は手当は支給されません

  • 手当を受けようとする人、対象となる児童が日本に住所を有しない場合
  • 児童が肢体不自由児施設や知的障害児施設などの施設に入所している場合
  • 児童が障害を理由として厚生年金などの公的年金を受けることができる場合

担当課:福祉課
電話番号:(地域福祉・児童福祉)0248-25-1509 (国保)0248-25-1449
ファックス番号:0248-25-4517
お問い合わせはこちら:相談窓口

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

サイトのご利用案内ここまでです。