ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
背景色変更
文字サイズ
標準
拡大

利用できるサービス(介護サービス・介護予防サービス)

平成27年4月から、介護保険施設である特別養護老人ホームに入所できる人が、原則として要介護3以上の人となりました。また、サービス付き高齢者向け住宅を利用する人は住所地特例が適用されること、小規模の通所介護が地域密着型通所介護に変更となったことも変更点です。

なお、介護予防サービスであった通所介護と訪問介護は、平成29年4月より、介護予防・日常生活支援総合事業の通所介護の通所介護と訪問介護へ移行しました。

利用できるサービス

在宅サービス

  • 訪問介護...ホームヘルパーが訪問し、身体介護や生活援助などをします。
  • 訪問入浴介護...自宅を訪問しての、入浴サービスです。
  • 訪問看護...看護師や保健師などが訪問し、療養の世話、診療の補助などをします。
  • 訪問リハビリテーション...リハビリ(機能回復訓練)の専門家が訪問し、リハビリテーションをします。
  • 通所介護(デイサービス/日帰り)...デイサービスセンターで、食事・入浴などの介護サービスや機能訓練を日帰りで受けられます。
  • 通所リハビリテーション(デイケア/日帰り)...介護老人保健施設や病院・診療所で、リハビリテーションなどを日帰りで受けられます。
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)...介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などに短期間入所して、食事、入浴、排泄などの介護サービスや機能訓練を受けられます。
  • 短期入所療養介護(医療型ショートステイ)...介護老人保健施設などに短期間入所して、医学的な管理のもとでの医療、介護、機能訓練を受けられます。
  • 居宅療養管理指導...医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが訪問し、療養上の管理・指導をします。
  • 福祉用具貸与...貸し出しの対象となる福祉用具は、次の12種類です。 1.車いす、2.クッション、電動補助装置等の一定の車いす付属品、3.特殊寝台、4.マットレス、サイドレール等一定の特殊寝台付属品、5.褥そう(床ずれ)予防用具、6.体位変換器、7.手すり、8.スロープ、9.歩行器、10.歩行補助杖、11.認知症老人徘徊感知機器、12.移動用リフト(吊り具を除く)
  • 認知症対応型共同生活介護...比較的安定状態にある認知症の要介護者が入居し、共同生活のなかで入浴・排せつ・食事等の介護等の日常生活上の世話や、機能訓練を提供するサービスです。
  • 福祉用具購入...保険の対象となる福祉用具は、次の5種類です。 1.腰掛便座、2.特殊尿器、3.入浴補助用具、4.簡易浴槽、5.移動用リフトの吊り具
  • 住宅改修...保険の対象となる住宅改修は、次の6種類です。 1.手すりの取付け、2.段差の改修、3.滑りの防止、移動の円滑等のための床材の変更、4.引き戸等への扉の取替え、5.洋式便器等への便器の取替え、6.その他これらの各工事に附帯して必要な工事

施設サービス

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)...常に介護が必要で、自宅での介護が困難な方が利用します。
  • 介護老人保健施設...病気やけがなどの治療の後、リハビリテーションなどを必要とする方が利用します。
  • 介護療養型医療施設...長期間の療養や医学的管理が必要な方が利用します。

担当課:健康推進課
電話番号:(高齢者支援・介護保険)0248-25-3910 (保健)0248-25-1115
ファックス番号:
お問い合わせはこちら:相談窓口

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

サイトのご利用案内ここまでです。