ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
背景色変更
文字サイズ
標準
拡大

からだの学校

「からだの学校で」で健康寿命を延ばそう!

「からだの学校」とは?

からだの学校イメージ西郷村では、村民一人ひとりが、健やかに、心豊かに、いきいきと過ごすことができるよう、様々な事業を実施しています。

「からだの学校」とは、実際に皆さんに参加していただく、健康について学ぶための学校のことです。"健康なからだを作るのは、何気ない毎日の暮らしの中にある習慣である"という考えのもと、健康的な暮らしについて、気軽に学ぶことができるプログラムをご用意しています。

やさしく、時に厳しく教えてくれる先生のもと、健康について学んでみましょう!

どんなことをするの?

「からだの連絡帳」に記録しよう!(アプリか手帳かを選ぶことができます)

アプリ体重、食事、運動、睡眠、嗜好の5項目について、アプリでは毎日、手帳では1週間単位で記録をします。

(アプリでは、一人ひとりに合わせたより細かい設定をすることができます。

「からだの連絡帳」を提出しよう

端末保健福祉センターに設置されている"提出箱(手帳を提出する端末)"に、月1回程度提出を行います。

(アプリの場合は、アプリ上で"提出"を行うため、保健福祉センターへ来ていただく必要はありません)

「つうしんぼ」をもらおう

つうしんぼ定期的に連絡帳を提出すると、3人の先生が、あなたの習慣について、よかったところ、これから気を付けてほしいところを教えてくれます。それが「つうしんぼ」です。「つうしんぼ」を参考に、あなたの毎日の習慣をさらに健康的なものに変えていきましょう!

「からだポイント」で賞品ゲット!

定期的に連絡帳を提出すると、「からだポイント」がもらえます。ポイントが貯まると、豪華賞品への抽選応募などに使うことができます。

(ポイントの仕様には、健康推進課での手続きが必要です)

課外授業に参加しよう!

「からだの学校」では、健康に関する講演会などの課外授業を、定期的に開催しています。「からだの学校」に参加していなくても受講することができますので、お気軽にご参加ください!知識を深めて、日々の生活に役立てましょう。(今後の予定は、回覧文書や広報にしごうなどでお知らせします。)

  講演会  講演会2

参加の方法

対象者

40歳以上の西郷村民の方

お申し込みの流れ

  1. 健康保険証をご持参のうえ、保健福祉センターにお越しください。(窓口にて、お申込書にご記入いただきます)
  2. お申込み内容の確認後、手帳と学生証をその場でお渡しします。(その日から記録を始めることができます)
  3. 日々の習慣を記録しましょう
  4. 月に1回程度保健福祉センターに来て、「からだの連絡帳」を提出しましょう

※アプリでのご参加の場合も、保健福祉センターでのお申込みが必要です。

「からだの学校」公式ホームページのご案内

西郷村は、公立大学法人福島県立医科大学と福島県厚生農業協同組合連合会白河厚生総合病院の共同事業である「からだの学校プロジェクト」に参加しています。
公式ホームページでは、「からだの学校」についてのより詳しいご説明や、様々な取り組みをご紹介していますので、ぜひご覧ください。アプリのダウンロード方法も掲載しています。

(イラスト:京都市立芸術大学 ビジュアルデザイン研究室 教授 辰巳 明久/非常勤講師 山本 史)

担当課:健康推進課
電話番号:(高齢者支援・介護保険)0248-25-3910 (保健)0248-25-1115
ファックス番号:
お問い合わせはこちら:相談窓口

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

サイトのご利用案内ここまでです。