ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
背景色変更
文字サイズ
標準
拡大

鬼門鎮護七仏薬師堂

鬼門鎮護七仏薬師堂 西郷村指定重要文化財(西郷村指定第7号)

七佛薬師堂七佛薬師堂は寛喜2年(1230)結城朝広が白河搦目城の鬼門鎮護のため領内の三城目村(現矢吹町)より七仏薬師如来を白河向寺甘露寺高岡艮の山上に勧請しました。丹羽長重が小峰城修築のときに高岡山麓に移して小峰城の鬼門鎮護としました。明治14年(1881)に今の長坂に移築されました。大正時代には、白河市の金勝寺が荒廃していたため、金勝寺の本堂として仮用していました。

薬師堂は三間四方で正面の額は阿部豊後守(正外か?)が献上したもので、堂内にある額は松平定信直筆のものです。薬師如来は厨子の中にその名の通り7体納められ、3体が9寸(約27㎝)で、他4体は7寸(約21㎝)で、定朝の作といわれています。

担当課:生涯学習課
電話番号:0248-25-2371
ファックス番号:0248-25-2756
お問い合わせはこちら:相談窓口

この情報はお役にたちましたか?

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

サイトのご利用案内ここまでです。