【新型コロナ】福島県感染拡大警報

更新日:2022年07月21日

7月19日に、福島県において、これまでで最多となる958人の新規陽性者を確認しました。
7月に入って、オミクロン株BA.5系統への置き換わりが進んだことなどにより、県内の各地域で感染が急拡大しており、病床の使用率も4割を超えるなど、医療提供体制への負荷が厳しさを増しています。

これから夏休みを迎え、多くの人と接する機会が増えることから、新規感染者数が急速に拡大するおそれがあります。そこで、更なる感染拡大を抑えるため、福島県では「福島県感染拡大警報」を発出しました。

村民の皆様には、熱中症にも注意をしながら、次の8つの感染対策をとっていただくようご協力をお願いします。

令和4年7月19日現在の新規陽性者数の推移

福島県感染拡大警報

基本的な感染対策の再点検と徹底

  • 場面に応じてマスク を正しく着用 、感染リスクの高い場面 (3密や混雑、大声を出す) を避ける等の対策再点検
  • のど痛み、せき発熱な症状がある場合は、 外出を控え、早めに受診
  • 体調不良時(症状がある場合)は、 会食やイベント に参加しない

陽性になった場合の備え

  • 生活動線をどのように分けるかを事前に検討
  • 数日間分の食料や薬、消毒用品などのストック

速やかなワクチン接種(期間は9月30日まで)

発症予防・重化の観点から、ワクチン接種が済んでいな方は、 速やかな接種を検討

検査のさらなる活用

感染不安のある方や、帰省等でご高齢の方と面会する予定のある方は、積極的に無料検査を活用

効果的な換気

  • 必要な換気量の確保(機械換気による常時換気、2方向の窓開け換気等)
  •  感染を防ぐための 空気の流れの配慮(十分な外気の取り入れ・排気により、空気のよどみを解消。空気の流れに対して平行なパーティション配置等)
  •  定期的な機械換気装置の点検やフィルタ掃除等

移動時の注意喚起

  • 移動先の感染情報 を把握 し、 混雑する場所感染 リスク の高い場所 は十分注意を
  • 移動中 の感染リスク に注意 し、車内でもマスクの 正しい着用や換気を行う等基本的対策を徹底

子どもと高齢者の感染対策

  • 家庭における検温を始めとする体調確認
  • 部活動や放課後児童クラブ等における感染防止対策の徹底
  • 高齢の方や基礎疾患のある方の感染リスクの高い行動を控えること、周囲の方も感染させない行動を取ることを徹底
  • 高齢者施設児童福祉施設等においては、利用者・職員が感染対策を徹底し、感染拡大を防止

医療を守る対策

医療機関における感染拡大は、医療体制のひっ迫につながる恐れがあるため、 医療従事者等に感染を広げない行動を取ることを徹底

その他関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

担当課:西郷村新型コロナウイルス感染症対策本部(総務課内)

電話番号:0248-25-1112
ファックス番号:0248-25-2689

お問い合わせはこちら:相談窓口